ちょっとひと工夫して美味しい七種粥を作ろう!


一月七日は七草です。

これはもともと中国の人日の節句の風習から来ていて、この日の朝は七草粥を食べて無病息災を願うというのが江戸時代に一般化したと言われています。近年ではお正月で飲み食いして疲れた胃腸をケアしましょうという非常に合理的な理由で七草粥を食べるようになりました。

材料のセリ・ナズナ・ゴギョウ・コオニタビラコ・ハコベ・スズナ・スズシロは、繊維質を多く含むので未消化のものを体外に排出するデトックス効果と健胃整腸作用があって、まさにお正月の暴飲暴食で弱った胃腸をケアするのにピッタリのメニューです。

<材料となる春の七草の詳細>
名称 主な成分 期待できる効果
芹(せり) ビタミンC、ミネラル、βカロテン ビタミンCは免疫力を高め活性酸素の働きを抑え老化防止やお肌のうるおいを保つ。ミネラルは血液や骨の生成に必要な成分。βカロテンは体内でビタミンAに変換され生活習慣病の予防に役立つ。
薺(なずな)通称:ペンペン草 ビタミンK、鉄、カルシウム 骨の形成や発育を助け、貧血などの予防、酸素を体全体に運ぶ働きがあると云われる。
御形(ごぎょう)通称:母子草 ルテオリン、ステロール、ビタミンB、カロテン ルテオリンは抗アレルギーや抗炎症作用、ステロールは悪玉コレステロールを低下、ビタミンBは疲労回復を促し風邪の改善に効果が期待できる。
小鬼田平子(こおにたびらこ) ラミオシド、ラミオール、ラミイドイポラミイド 通説では冷え症の改善、鎮痛効果、抗炎効果などが期待できるとされている。※仏の座(鬼田平子)とは別物とされている。
繁縷(はこべ) フラボノイド、カルシウム、鉄分、サポニン、クマリン、トリアコンタノール、セチルセロテート、ヘントリアコンタノール 一般的には繁縷(はこべ)を摂取すると利尿作用がありデットックス効果が期待できるとされている。健胃整腸作用や浄血作用も期待できる。女性への効能では母乳の出が良くなるなどの効果があるとされる。
菘(すずな)通称:蕪(かぶ) ビタミンC、カリウム、鉄、葉酸、食物繊維、アミラーゼ 豊富な食物繊維で便秘解消、カリウム、鉄分は貧血防止、アミラーゼは消化を助け消化不良の防止の効果が期待できます。
蘿蔔(すずしろ)通称:大根 ジアスターゼ、ビタミンC、アリルイソチオシアネート、葉酸 胃酸過多、胃もたれ、胸やけの解消をはじめ、抗炎作用があり、口内炎や歯茎の腫れを鎮める効果が期待できる。

さてここで、もうひとつの材料を加えて八種粥に変身させちゃいましょう。

加える材料はもちろん塩引き鮭!

0033_original

作り方は至ってシンプル。
焼いた塩引き鮭の身を程よくほぐして出来立ての七種粥にトッピングするだけ!

少し味気ない七種粥に、塩引き鮭の芳醇な香ばしさと程よい塩味が加わり、ミラクルな八種粥のできあがりです!