今年の節分は塩引き鮭フレーク恵方巻を作ろう!

ehou

もうすっかり全国的に定着した「恵方巻」ですが、実はそれほど歴史は古くありません。

元々は江戸時代に関西圏で商人が縁起担ぎのために食べたのが発祥だということらしいのですが、この「恵方巻」という名称自体は、以外にもセブンイレブンが初めて使って有名になった名前だそうです。

基本は巻き寿司なので、ご家庭でも普通に作って食べるご家庭も多いと思います。

そこで!サーモンハウス推薦の塩引き鮭フレーク恵方巻はいかがでしょうか!?

作り方はとても簡単です!

<用意するもの>

・すのこ
7101-307013-1
・のり
Img_0260
・温かいごはん
Y328812045
・塩引き鮭フレーク
0033_original
・鮭みそ
0046_original
・卵焼きの柵切り
2011013118134128f



<作り方>

  • ます、塩引き鮭の切身をグリルがガスレンジで焼きます。
  • 塩引き鮭が焼き上がる頃合いをみて、すのこを広げのりをサッと火であぶってから敷きます。
  • その上に温かいご飯をムラにならないように均一にのばします。
  • 焼き上がった塩引き鮭の皮を取り外し、ミキサーで軽く身を砕きます。
  • フレーク状になったら、のばしたご飯の上に塩引き鮭フレーク、鮭みそ、たまごの順に一列ずつ並べます。
  • あとは巻き寿司を作る要領でしっかり巻いて完成。
motox1815
今年も皆様が無病息災で幸多き年でありますように・・・ガブリ(●^o^●)

>>具材の「島のり」「塩引き鮭切身」「鮭みそ」はこちらからご注文