村上の鮭工房サーモンハウス


オンラインショップ商品賞味期限変更のお知らせ


2019年1月30日、オンラインショップ全商品を対象に、
実店舗に合わせる形での賞味期限の変更を行いました。
ご理解のほど宜しくお願い致します。




秋冬限定【塩引鮭 一本物 まるごと】は、おかげさまでご好評につき、残りわずかとなりました。
今ある一本物がなくなり次第、今冬の販売は終了となりますので、ご希望の方はお早めにお買い求めください。
次年度の塩引鮭一本物の販売は2019年11月下旬を予定しております。




初めてご利用のお客様へのご優待特典
はらこ醤油漬け 酒びたし 一口煮びたし 鮭の生ハム
鮭のめふん10年熟成
鮭の焼漬
鮭の大吟醸粕漬
鮭の味噌漬
鮭とば
昆布巻
鮭茶漬
タレカツ
鮭皮煎餅
味噌三昧


商品一覧はこちら お買い物カイド

 

当店の週間売れ筋ランキング  ※毎週日曜日更新

 

鮭のまち越後村上

 
伝統鮭漁の風景
越後村上の食文化として伝統を誇る「塩引」は鮭に限らず様々な食材に応用ができる素晴らしい加工法です。保存性に優れ、海産物を長期保存する際の村上人ならではの智慧の結晶です。中でも塩引鮭(塩引き鮭)は全国にご紹介しても自慢できるご当地名品であり、一度食していただくと生鮭との味の違いをご納得いただけることと思います。
それほど村上の食生活に密着した鮭であったがため乱獲され、江戸末期にはそれがたたり枯渇が危ぶまれたと言います。そんな時、村上藩の藩士青砥武平治が鮭を枯渇から救うべく人工増殖に取り組み、見事成功の偉業を成し、今では押しも押されぬ村上の第一次産業を支える存在となっています。
その偉業を讃え、村上では鮭産業を誇りある伝統とし、その一環として大切に当時の漁法を今に伝えています。
その漁法が「居繰り網漁」です。
村上伝統の居繰り網漁
 
塩引鮭干しの様子
今年は当サーモンハウスがより良い塩引鮭を作れるように、鮭干し場を絶好の条件になる場所に新設しました。そしていよいよ本格的に塩引鮭干しが始まっています。
写真でもお分かり頂けるとおり、村上の塩引鮭にはいくつかの特徴があります。全国的に鮭といえば新巻鮭ですが、ほとんどは首から吊るされ、腹も一文字に割かれているのが普通です。しかし村上の塩引鮭は尻尾から吊るされ、腹も裂け目が二つになっています。
この二つの違いは、村上が武家のまちであったことに由来していると云われています。
鮭の人工増殖は村上藩の政策であったため、首から吊るさないのは絞首刑を嫌ったため、腹を一文字に割かないのは切腹をイメージさせないため、といったように、いかにも武士らしい考え方が反映されたものと考えられています。


塩引鮭干しの様子
 

お知らせ

年末年始の営業について
サーモンハウスの年末年始の営業は12月31日が休業となります。元日から通常営業いたします。
2Fはらこ茶屋、新羅(シーラ)のご利用は混雑が予想されますので早目のご予約をお願いします。
また、年末年始の商品の発送について、ヤマト運輸よりインフォメーションが告示されておりますので、こちらからご確認ください。

塩引き鮭のお届け時期について
塩引きシーズンが最盛期を迎えるにあたりまして、ご注文いただきます塩引き鮭の一本物の発送時期につきましてお知らせいたします。
塩引き鮭製造の過程は天候(気温)に左右されると同時に漁獲時期と並行して行われております関係で、ご希望のお届け日から数日遅れる場合がございます。品質の良い塩引き鮭をご提供するため、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。